JACVSD 成人心臓血管外科手術データベース

サイトマップ

JACVSDについて

JCVSD-成人の概要

名称

日本語名:日本成人心臓血管外科手術データベース
英語名:Japan Adult Cardiovascular Surgery Database

目的

現在日本の心臓血管外科手術の結果に関する状況は全国規模では把握されておらず、どのような手術がどれくらいの危険性でなされているのか、また、手術前の状態が良好な方と重症な方とで手術の危険性にどの程度違いがあるのか、といった内容に関して全国規模の研究はなされておりません。そこで、心臓血管外科手術を受ける患者さんの手術前の医学的身体状況と行われた手術およびその結果を調査し、これをデータベースとして情報収集し全国的に集計することにより、日本の心臓血管外科学の進歩、ひいては国民全体の福祉健康の増進に寄与することを目的としています。

内容

米国胸部外科学会データベースとほぼ同等の記入項目をインターネットを介して全国の参加施設から収集し、中央施設にて統計解析を行います。

論文

JapanSCOREに関する論文

  • Noboru Motomura, Hiroaki Miyata, Hiroyuki Tsukihara, Shinichi
    Takamoto, from the Japan Cardiovascular Surgery Database Organization.Risk model of thoracic aortic surgery in 4707 cases from a nationwide single-race population through a web-based data entry system: The first report of 30-day and 30-day operative outcome risk models for thoracic aortic surgery. Circulation 2008; 118: S153-159.
  • Noboru Motomura, Hiroaki Miyata, Hiroyuki Tsukihara, Masafumi Okada,Shinichi Takamoto, Japan Cardiovascular Surgery Database Organization. First report on 30-day and operative mortality in risk model of isolated coronary artery bypass grafting in Japan. Annals of Thoracic Surgery 2008;86, 6:1866-72.

※このデータベースは、日本学術振興会の科学研究費補助金(研究成果公開  促進費)(課題番号218073)の助成を受けたものである。

このページの先頭へ